×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

 

コンパクトデジカメを使いこなす

コンパクトデジカメで写真を撮影するとき、いつもオートモードで撮影していませんか?オートモードは、自動で明るさを設定してくれたり、ピントを合わせてくれたりと何かと便利ですよね。

でも、通常撮影モードで、様々な機能を使って撮影した方が、よりきれいな写真を撮影することができます。初心者にとって、通常撮影モードでの撮影は難しく感じますが、よく使う機能は限られているので、このサイトで解説している機能を数個覚えておけば、オートモードでは撮影できない、「ちょっとかっこいい写真」を初心者でも写すことができるようになりますよ。

よく使う基本テクニック

遠くのものを写す

遠くのものを写す

ズームを使って遠くのものを大きく写すコツを紹介。あえて近くで撮れるものでもズームを活用すれば、違った写真が出来上がります。

ピントを動かす

ピントを動かす

いつも中央にしか合わないピントを好みの場所に合わせる方法を紹介。ピントの位置をちょっと変えるだけでも、被写体の印象が変わります。

暗いシーンで明るく写す

暗いシーンで明るく写す

日陰や屋内だと被写体が薄暗く写りがち。そんな時でも、露出を調整すれば比較的明るく撮影できます。

場合に応じた撮影テクニック

被写体に近づいて撮影

被写体に近づいて撮影

被写体に近づいてピントを合わせ、くっきりと撮影する方法を紹介。植物や家の小物の撮影に。

動いているものを撮影

動いているものを撮影

動きが早いものでも、ブレないように撮影する方法を紹介。動物や遊んでいる子供の撮影に。

逆光時の撮影

逆光時の撮影

逆光でも被写体が黒くならない撮影方法を紹介。逆光補正の他にも使えるテクニックがあります。

小技集

手ブレ補正

手ブレ補正

しっかりとカメラを持っているのに出来上がった写真がブレている。そんなことがないように手ブレ補正を使いましょう。

下限シャッター速度

下限シャッター速度

光が少なくて暗い場所でも、下限シャッター速度を遅くすれば明るい写真を撮影することができます。

ホワイトバランス

ホワイトバランス

曇っている日や室内で写真を撮ったら、実際に見た白色とは違って見える。そんな時にはホワイトバランスを調整。

カラーモード

カラーモード

カラーモードを使って写真に色の効果をつければ、同じ景色でも違った印象の写真が出来上がります。

測光モード

測光モード

露出補正の際にどの位置の明るさを測るかを変えることができます。露出補正で明るさの調整が難しいときに便利。

持っていると便利

高倍率ズームのデジカメ

高倍率ズームのデジカメ

コンパクトデジカメ初心者が最もよく使う機能はズームです。できるだけ高倍率のズーム機能が付いているカメラを選んだ方が、撮影の幅が広がります。

ハードディスク

ハードディスク

撮影した写真の保存に便利なのがハードディスク。長年、写真を撮り続けていると膨大な枚数になるので、写真保存用におすすめ。バックアップとしても使えます。

プリンタ

プリンタ

撮影した写真を自宅で印刷。友人に配る写真や年賀状の作成に便利。お店に行って印刷する手間も省けます。